2009年06月16日

ハミルトン島

 「世界で一番よい仕事」(The Best Job in the World)という求人タイトルで「管理人」を募集して話題になったオーストラリア・グレートバリアリーフのハミルトン島を、大前研一さんと視察してきました。

 まず、成田空港から格安航空会社ジェットスター(JAL、カンタス航空との共同運航便)でケアンズへ。所要時間は約7時間です。

airport.jpg

 ケアンズで国内線のカンタス航空に乗り換え、グレートバリアリーフの上を飛んで1時間余りでハミルトン島に到着。成田を夜出発し、翌日午前中にはホテルにチェックインできました。日本との時差は1時間です。

marina.jpg
 島内はホテルやビーチのあるリゾートサイドと、マリーナやレストラン、カフェ、ブティックなどのあるハーバーサイドに分かれています。といっても距離は近く、ホテルとハーバーサイドの間はゴルフカートのようなバギー(レンタルかホテルの送迎)やシャトルバスで行き来しますが、歩いても10分ぐらいです。
harbor.jpg

 宿泊施設は5つ星のパビリオンタイプから3つ星のコンドミニアムタイプまで、7つのバリエーションがあります。私たちが泊まったのは上から2番目のランクの『ビーチクラブ』。その名の通り、客室の目の前に白砂のビーチが広がり、エントランスロビーからの眺望はプールと海が一体化して見えます。
hotelpool.jpg

 驚いたのは、物価が何でもかんでも高いこと。ホテルの宿泊料金はもちろん、食事もフィッシュ&チップスが1000円、パスタやピザが2000円、シーフードやステーキが3000円ぐらいと日本のリゾート以上です。ダイビングやアウターリーフへのクルーズなどアクティビティの料金も非常に割高。島全体を単一企業が経営しているそうなので、競争がないのをいいことに、ぼったくっているとしか思えません。

 冬のオフシーズンだったのでゲストは少なく、見かけたのは新婚さん、熟年夫婦、家族連ればかり。おっさんグループの私たちは、完全に周囲から浮いていました。オージーが大半で、日本人の新婚カップルもちらほら。近くにハートの形をした珊瑚礁「ハートリーフ」や純白のシリカ砂に覆われた「ホワイトヘブンビーチ」があるので、新婚旅行には適していると思います。費用さえ気にしなければ・・・・。
posted by ライターハウス at 19:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 社長日記
この記事へのコメント
スーパーコピー, ブランドコピー通販【JpNobleShop - スーパーコピーブランド市場】スーパーコピー時計通常、標準的な6ミクロンのチャンネルの長さC2L器具の部分品は、その記憶密度は標準的なCMOSに比べて高まります 3倍、作業の周波数は大体標準的なCMOS4倍近くの腕時計に比べてと表明しています。高い密度の5ミクロンのチャンネルの長さの器具の部分品は芯に一方的にならせる 積とスピードは再び高まりました 1.5倍の腕時計。C2L器具の部分品の製造の措置は6回のホトエッチング(標準CMOS少しの一回に比べて)の腕時計でさえすれ(あれ)ば。スーパーコピー時計
Posted by スーパーコピー時計 at 2014年04月08日 15:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29846141
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック