2010年09月27日

『この国を出よ』発刊!

お久しぶりです。社長の中村です。

弊社が編集協力した、「ユニクロ」の柳井正さん(ファーストリテイリング会長兼社長)と経営コンサルタント・大前研一さんの共著『この国を出よ』(小学館/1470円)が9月29日に発売されます。
konokuni.jpg
大前 研一 (著)、 柳井 正 (著)
小学館
1470円


その内容は、約15年前から親交のある柳井さんと大前さんが、とことん語り合った“斜陽” ニッポンに対する「憂国論」と「処方箋」。

中国がGDPで日本を抜き去り、韓国のサムスンやLGが急激に業績を伸ばす一方で、政治無策の日本は依然として景気回復が遅れ、900兆円余の借金を抱えて立ち往生しています。

柳井さんと大前さんは、そんな日本に警鐘を鳴らし、個人と企業が世界に飛び出す必要性を説いています。

これまで柳井さんは政治と距離を置き、政治的な発言は、ほとんどしてきませんでした。 しかし、あまりにも情けない日本の政治の現状に我慢しきれなくなり、ついにこの本で日本の政府と政治家にレッドカードを突きつけました。

取材でお会いした柳井さんは、いつも実にエネルギッシュで、歯切れのいい物言いをされる方でした。

私が初めて「ユニクロ」に行ったのも15年ぐらい前ですが、当時はまだ自社製品が少なく、倉庫のような店舗にいろいろなブランドの商品が乱雑に積み上げられていました。

その後、柳井さんは何度も失敗を経験しながら、それを糧に新たなチャレンジを続け、「ユニクロ」を世界有数のSPA(製造小売業)に育て上げました。

いわば“執念の経営者”だと思います。

ビジネスマンや企業経営者だけでなく若者にも、いや若者にこそ読んでいただきたい1冊です。
posted by ライターハウス at 18:40| Comment(0) | TrackBack(1) | 社長日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40964169
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

この国を出よ 著/柳井正 大前研一
Excerpt:  『社会人の本棚』にようこそ。いらっしゃいませ。今回、ご紹介するのはこちら『この国を出よ 著/柳井正 大前研一』です。 この本は2010年の10月27日現在、アマゾンのビ ...
Weblog: あなたに必要な一冊 目次と紹介(ビジネス書評)
Tracked: 2010-12-06 02:16